広島で分譲住宅を購入する時のアドバイスや費用はどのようになるかわかります

初心者向けのアドバイスとして

男女

ほとんどの人は広島で分譲住宅を購入するのは初めてになるはずです。洋服や靴を購入するように、頻繁に購入するものではありませんので、初めてであってもやむをえないことです。初めての場合には、すべてが初心者ということになりますが、この場合最低限の知識を身につけておきましょう。理解しておきたいことの一つは、どのような手順で住宅が購入できるかです。例えば、住宅ローンを組む手続きなどは事前に頭に入れておきたいところです。基本的に住宅ローンを組む場合には、すべて不動産会社の方が行ってくれます。直接的に銀行に赴いてローンを組むようなことはしなくても問題ありません。不動産会社では手続き行ってくれますが、自分で用意しなければならないものもいくつかあることを知っておきましょう。例えば給料明細や、住民票などがこれに該当します。住宅を購入する場合には実印も必要になりますので、まだ実印を持っていない場合はこれを作っておく必要があります。

どれぐらいの費用になる

住宅模型

これから広島県の広島市あたりで分譲住宅を購入するとなれば、大きなお金がかかることになります。分譲住宅を購入する時の費用が頭に残るかもしれませんが、基本的に不動産会社が表示している費用はあくまで土地と建物として消費税が含まれた費用になります。これをすべてだと思ったらいけません。この費用に関しては必ず支払う必要がありますが、事前に交渉して少し割引きをしてもらうことも可能になります。場合によっては100万円以上割引きができるパターンもあります。例えば人気のない物件などがこれに該当します。ですが、分譲住宅として公表されたばかりのところだと、それぐらいの金額になることはまずないでしょう。それでも20万円ぐらいは割引してくれる可能性もあります。表示価格以外で支払わなければならないのは、不動産会社に支払う仲介手数料をはじめとする初費用です。一般的に諸費用がどれぐらいになるかといえば、150万円前後と考えておけばよいでしょう。住宅の値段が高ければ高いほど初費用も高くなりますが、基本的に広島市で販売されている分譲住宅が5000万円を超えることはまずありませんので、それ以下の場合には150万円ぐらいで収まる可能性が高いです。その内訳としては、不動産会社に支払う仲介手数料が一番多く、不動産登記をするときの登記費用、火災保険に加入する場合には火災保険の費用をそしてもろもろの税金になります。